ウムリン

ウムリンで妊娠した!けどこれはウムリンの効果?不妊治療の成果?

投稿日:

梅由来の妊活サプリ「ウムリン」を使って妊娠したという人は本当に多いですよね。実際、今現在、1日に5人の赤ちゃんがウムリンで生まれていますし、NHKや新聞でも「不妊治療に効果」と報道されています。

そのため、「もしかしたら」と期待をしてしまうものです。しかし、本当にウムリンは不妊治療に効果があり、妊娠できるのでしょうか?

このページでは、ウムリンを飲んできた私たち夫婦の体験談と、どこまでがウムリンの効果で、どこからが不妊治療の成果だと感じたのかを紹介していきます。

※なお、体外受精に関して賛否両論はあるようですが、私たち夫婦は本当に体外受精に救われています。このページの文章の中には無味乾燥に思える部分もあるかもしれませんが、本当に苦しみ、苦労してきた体験談ですので、体外受精否定派の方は読むのをご遠慮ください。

ウムリンで妊娠するまでの軌跡

こんにちは!
ウムリンの口コミガイド編集長の新垣です。

私は2年前に妊活をはじめ、それとともに不妊治療をしてきました。最初はタイミング法からだったのですが、それが人工授精になり、体外受精になり、これまで2回の採卵と、5回の体外受精(凍結肺移植)をしてきました。

妊活を始めた当初は、「産婦人科に行ってるから、なんとかなる!」なんて思ってました。しかし、全然そうではありませんでした。

特に1回目の採卵と体外受精はショックでした。体外受精をすれば大丈夫だと思ってましたが、ことごとく妊娠できず、1回目の採卵・採精でできた受精卵を移植しても全く妊娠しなかったからです。

「体外受精をしてもダメなのか・・・私の何がいけないんだろう」とさらに悩むことになりました。

しかし、時間は進んでいきます。そうして2回目の採卵を行うことになりました。それとともに、「悩んでもしょうがない、何か始めよう」と思い、2回目の採卵に向けてウムリンを始めてみることにしました。

ウムリンを使った2回目の採卵で妊娠した

その結果、ウムリンを始めた2回目の採卵では、受精卵のグレードが上がりました(すべてA評価になりました)。そして、一番良いグレードの受精卵を凍結肺移植をした結果、検査で陽性、妊娠することができました

私がウムリンを使ったのは、「藁にもすがる想い」だったからです。「もう何をしたらいいかも分からない、でも、できることはなんでもやってみよう」と思ってはじめたので、希望とともにヤケクソが入っていたと思います。

しかし、結果を見れば、ウムリンを始めて良かったのは明らかです。

ここからは、どこまでがウムリンの効果だったのか、それとともに、どこからが不妊治療の成果だと感じたのかを振り返りながら、我が家の体験談を紹介していきます。

ウムリンで妊娠したのか?不妊治療なのか?

まず、今回の妊娠に関してですが、「ウムリン」も「不妊治療」もどちらも良かったのだと思っています。どちらも妊娠につながっていますし、私たち夫婦の場合はどちらもあったからこそ妊娠したのだと考えています。

ウムリンで1回目より2回目の方が受精卵のグレードが上がった

そう思った1つ目の理由は、ウムリンを使った2回目の採卵時の受精卵のグレードが、1回目に比べて上がったからです。

1回目は7個の受精卵がとれて、そのうち4個が凍結胚として保存できました。そして、その4個中1個はグレードが良かったのですが、それ以外は3CCなど低いグレードの受精卵もありました。

2回目は5個の受精卵がとれ、数は1回目よりも少なかったですが、5個中4個が成長してくれ、そして4個中4個が4AAなどの良質なグレードとして育ってくれました。

この1回目と2回目の採卵は、1年ほどの期間があいています。ですので、2回目の採卵時には、去年よりも成績が悪くなることを覚悟していました。しかし、ウムリンを使ったことで、悪くなるどころか良くなりました。

普通は年齢に伴って老化していくのが卵子ですが、ウムリンを使って卵子が元気になってくれたことは、ほぼ間違いないのではないかと考えています。

グレードが上がる=着床率やその後の成長率もアップ

そして、グレードが上がるということは、その後の着床率や成長率もアップするということです。

もちろんグレードが悪いから妊娠しないわけではありませんし、着床しないわけでもありません。ただ、医学的に見ても、やはりグレードが良い方がその後もいい結果になるということは分かっています。

そして、私たち夫婦の場合、ウムリンを使うことで受精卵のグレードが上がり、さらに凍結肺移植に向けて、産婦人科処方の薬で子宮内膜を厚くするなどして治療をした結果として妊娠できたと考えています。

今までは本当に苦しかったです。希望もありませんでした。
「もう二人だけで生きていこうか」と夫婦で話し合ったこともありましたし、諦めかけていた時期もあります。

でも、今回頑張ってみようと話し合って、再び体外受精をしてみて本当に良かったです。

ウムリンを使用しなかった後悔、もっとはやく妊娠できたかも・・・

私が本当に後悔していることはウムリンを早く使わなかったことです。

昔はこういう妊活サプリを信じていませんでした。「どうせ飲んでも効果がない」「使っても意味がない」と考えていましたし、しかもこういうサプリは高いので、家計を圧迫したくないとも思っていたからです。

でも、えいやっと使ってみて、結果的には、受精卵の質を上げてくれました。

ウムリンが他の妊活サプリと大きく違うのは医学的な根拠があることです。だからこそ、NHKでも特集され、新聞でも報道されている=医学的な信頼性が高いということに気付くのが遅かったです。

もし、もっとはやくウムリンを使っていれば、もしかしたら1回目の体外受精で妊娠していたかもしれません。もしかしたら、体外受精の前の段階で妊娠していたかもしれません。

そう考えると、やっぱり後悔ですね。

ですので、もしこれを読んでいる方が妊活中だとしたら、まずは、ウムリンを試してみて欲しいと思います。また、体外受精をしても妊娠せず希望がなくなってきたとしても、一度ウムリンを試してみて下さい。

「あの時、使おうって決めて良かった」、そう思ってもらえる日はいつか来ると信じています。

>>【世界で唯一のサプリ】ウムリン公式サイト

ウムリンで本当に妊娠できるの?

ここまでは私自身の体験談でしたが、ウムリンでいったいどれくらいの人が妊娠しているのか、また、ウムリンは本当に信頼性があるのか、客観的な事実を紹介します。

実際の不妊治療の現場で使用されています

ウムリンは2008年に農林水産省の「農工商連携88選」を受賞したり、2009年には地域経済総合研究所「ちいき経済賞」を受賞しました。そして2013年には和歌山県知事賞を受賞するなど、さまざまな実績を収めています。

受賞はあったのですが、このころは、まだウムリンは製品として発売されていませんでした。なぜなら医学的な効果が認められていなかったからです。

しかし、2014年3月に、不妊治療効果が医学的に認められました。その結果、「日本受精着床学会」の雑誌に論文掲載され、梅抽出物成分「UMULIN」の特許申請が始まりました。また、同年5月には、「日本卵子学会」においても論文が発表されました。

ウムリンはNHKや新聞でも「不妊治療に効果」という、インパクトのある見出しで報道されています。しかしこれは「事実」であり、医学的根拠があるからこその「不妊治療に効果」なんですね。

どれくらいの期間で妊娠できるのか?

下記はウムリンを使って妊娠した人の試用期間の割合です。

ウムリン妊娠データ

34歳以下であれば半年以内に妊娠している人が80%以上、30代後半でも70%以上、40歳以上でも50%以上となっています。もちろん中には10か月以上の使用をして妊娠した人もいますが、ウムリンを使うことで、より早い段階で妊娠を目指すことができるのは、やはり、ウムリンに効果があるからだと言えるでしょう。

ウムリンの臨床試験・3か月で効果が現れ始める

このように2か月以内で妊娠した人もいるのがウムリンですが、臨床試験では「3か月(3周期)」ほどで効果が現れるという論文が発表されました。比較的早い段階から効果を実感できるという事でもあります。

※より詳しく知りたい方は「日本受精着床学会雑誌014Vol.31No.1号(有料)」に書かれています。

>>【世界で唯一のサプリ】ウムリン公式サイト

-ウムリン
-

Copyright© ウムリンの口コミガイド , 2018 AllRights Reserved.